--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

里の恋

2014年10月05日 02:43

揺れる心と穂の先に

蜩鳴きて暮れなずみ

貫く義等ありもせで

君の貌ば忍ばるる

sgf01a201307250100.jpg
関連記事
スポンサーサイト


コメント

  1. sado jo | URL | zwqFpYX2

    童謡「赤とんぼ」

    ♪十五でねえやは嫁に行き、お里の便りも絶え果てた
    当時は若年結婚が普通だったのですが、未完成の体で出産で命を落とす少女も多かった…とか。
    作者の姉も「お里の便りも絶え果てた」…初産を乗り越えられず亡くなったのかも知れませんね。
    その悲しみを綴ったのかな?

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://watersidedream.blog96.fc2.com/tb.php/591-911c82fa
この記事へのトラックバック



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。