--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

右手の歌

2014年09月14日 00:33

優しき伴侶を従えて

熟れた果実を迎える

夏の末

それは巨匠のアトリエに潜む

影の様だ


受け継いだモノは

小指から伝って

母の思い出に辿り着く


幹に絡み付いた藤の蔦と

その花房の重たさ

熊蜂の羽音


弾けたさやの中に揃った

艶やかな西瓜模様の種達


舞い上がった先に

老いてなお 真剣な眼差しが

背に 横に 前に

交錯し

継承と創造の両輪となって並木道を巡っている



関連記事
スポンサーサイト


コメント

  1. sado jo | URL | zwqFpYX2

    こんにちわ^^

    連綿と続く流れの一粒の雫か?
    それとも廻る輪環の一点か?
    ともかくも、ココに居る事は間違いないが…

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://watersidedream.blog96.fc2.com/tb.php/589-f79279a9
この記事へのトラックバック



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。