--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

天孤

2014年07月26日 02:30



どの町にも
どの土地にも
不満が澱となって
吹き溜まっている
それは人の目に、仕草に、見て取れた

垂れ込めた空から
何かが舞い堕ちてくる


気がつけば、幼い頃から一人だった

教えるものも誰もいなかった

そんな別れの積み重ねのような人生にも、出逢はあった…

それが縁と言うものだった

こんなことをやっていられるか。

昔から、そう思っていた

気がつけば 己の弱さと向き合っていた


自分とは何か?

人の世のありよう、国のありよう

正しく生きるとはなんなのか?

命じられた通り働けば良いのか

戦うのか

それぞれに戦う意味はなにかと、考えるべき時代になっているのではないだろうか

立ち尽くし、向き合ったまま
声を上げる

それは叫びに近かった

逃げることは考えなかった

貴方には、考えている事が手に取る様にわかってしまう。
自分の全てが。

わからなくなった。

心に痛かった一言と
耳元の呻きが感情を逆立て
遠い呻きは、心の底に響きわたる


痛みを、率直に痛みとして感じようとしない自分が、どこか悲しかった。

獣ではない、人の形を
自分は持っているのだった。

関連記事
スポンサーサイト


コメント

  1. sado jo | URL | zwqFpYX2

    こんばんわ^^

    人は生まれる時も独り、死ぬ時も独り、誰も付き合ってはくれません。
    でも、一緒に道を歩いてくれる誰かはいますよね…交差点までですけど。
    それがちょっぴり悲しいかな?

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://watersidedream.blog96.fc2.com/tb.php/586-1d47f01d
この記事へのトラックバック



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。