--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

君へ

2014年07月05日 00:27



枯葉の様に頼りなかった言葉たちが虚しく散り急ぐ

君は去るのか
別れは人の世の常だと

地は鎮まり絶え 禍事に砕け
衆の名は地に堕ちて
老いた親も今は居ない

恩を報いたいと願っても すでにこの身の置き場はなく
ただ 生きている

別れであり
出立である

込めているのは意味ではなく思いだった…

別れ
それさえも遠い事のような気がする…

生きた
切ないほど激しく生き
これからも生き続けるだろう…


共に生きた事があることだけを今は喜ぼう

再び出会う、ほんの少し先まで

遥か彼方より出づる時

目を閉じればその時は来る



関連記事
スポンサーサイト


コメント

  1. sado jo | URL | zwqFpYX2

    こんばんわ^^

    時が巡れば、いつかまた出会う
    森羅万象は流転して止むこと無く
    人はその海にただよう一粒の泡の如し
    …ですね^^

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://watersidedream.blog96.fc2.com/tb.php/583-91739fe3
この記事へのトラックバック



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。