--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

松籟

2014年04月01日 22:12

雲があり、風がある

窓からの光はやわらかで、しっとりと潤い、時おり硝子がカタカタと鳴っている

時は 思いもよらない早さで駆けめぐり
陽だまりは春飛び越えて初夏の様

薄墨色の壁に吸い込まれていく思いに
松風は老松の枝をさざめかせ 心をやさしく奏でてくれる

こころゆるく待ちながらえば 君来たらんか

想いは虚空を削り 今はただ身を持する為にあるのみ

水がほどけ溶け出す頃を待ちながら
くつりくつりと湧く窯の肌に目を止め
空を見上げれば
青さより 霞む白さばかりが目に染みる




関連記事
スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://watersidedream.blog96.fc2.com/tb.php/539-3f7b0a38
    この記事へのトラックバック



    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。