--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

白百合

2014年03月06日 21:33

昔も今も人の世に 絡み合う人間模様

手にした栄華も顧みず ただ愛だけを抱き続ける事は
幸福な事か不幸なのか


手折られた花の枝葉は整えられ
主に届けられる

月光の様に 柔らかく光る君の顔

残酷な仕打ちを受けるが 淵から覗く白百合のように清々しく香る

幸せを人から奪うのか天に任すのか 
決めるのは己だけ

昔も今も心を捨てられた人はいない

睦まじい鳥の様に連れ添う事を望みながら
流れる川面に踏みにじられた気持ちを映す

無くした情はいつ返ってくるだろう

光が射すと谷間には白百合が揺れて
私を慰めてくれる

赦しを欲しても昔には戻る事はないのだから

貴方から遠く羽ばたく私に言葉はいらない



関連記事
スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://watersidedream.blog96.fc2.com/tb.php/520-1a5c783c
    この記事へのトラックバック



    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。