--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

雪名残

2014年03月06日 00:17

朝降った雪は 足の下で固まり
茜色のざらめになってしまった

日も暮れて 枯れ葉が星に揺れる頃
家に戻る影はただひとつ

祖国が引き裂いた恋人を 誰が慰めてくれるだろう

若者はだまったまま答えを待ち続けるが
願いもむなしく 馬車は国境を越えてしまった

心を添わせる君との出会いよ
振り返ってももはや姿はなく
水面に映る月のように浮かんでは消える面影が残る

君の心はどんなに僕を求めてくれていたのだろう
願いはむなしく もはや嵐が消え去ったように君の姿はない

答えを待ち続ける僕と 笛の音がむなしく響いている

明日を望み 風に希望を託すが
手にしたものは この手からすり抜けてしまった

翻弄された出来事も もはや朧げで遠い記憶となり
ただ君の歌が耳に響くのみ

鳥の羽ばたきと共に霧雨が全てを流し去る

夜毎の睦事よりも 今君の歌が聞きたい
関連記事
スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://watersidedream.blog96.fc2.com/tb.php/519-9c9dd45c
    この記事へのトラックバック



    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。