FC2ブログ

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

sky folls

2014年03月02日 16:22

空に落ちてゆく 

燃える月と地に照されて 

翼が狭間を滑り落ちる


あの日 紅蓮の花が咲いて 

森は病み 木は枯れてしまった

町は燃え 水辺に民は追いやられた


忘れるな 風が全てを消し去って

絶望が行く手を阻むとも 

栄光は過ぎ去った夢ではない


まとわりつく寒さと飢えは道を遠くするが

山々は美しい瞳で我らを見守っている




煙が空を覆うのを眺めようではないか

煤けた顔を拭って酒杯を上げよ

いにしえの道は失われたが

今 私には燃えたぎる炎が見えている


塔が崩れ鐘が鳴り 町が闇に包まれても

忘れるな父と子よ

剣を鍛え 大弓を放て

黒き矢が星を貫き 天を縫い止める


失われた王が帰還する夜

かき消された民の願いが耳に届くだろう



同志よ勝ちどきの声を上げよ

山の下に眠る黄金は過去を取り戻し

子供たちと未来への敷き石となる



もしも滅びの音が聞こえたら 

眼を閉じて最期の時を受け入れよう 

そして友の為にワインを注げ


夜は青白く慰めに満ちて 

霧深き山々の囁きが聴こえる
 


死が再び舞い降りようとも

父の道を子が辿るように 我々も同じ選択をするだろう



心を燃やして意志を強く持て 

嘆きを捨てて 闇を打ち払え

記憶は時を越え情熱を呼び起こす



夢は忘れ去られた宝を求めて旅立ち

閉じ込められた明日を照らすのだ 

心は満たされ 再び朝を迎えるだろう



大地が破壊され 空が落ちようとも

魂は駆け上がって天をつかみ

私の中で炎は燃えたぎる



 
関連記事
スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://watersidedream.blog96.fc2.com/tb.php/514-9ea2e88d
    この記事へのトラックバック



    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。