--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

風の街

2014年02月23日 01:50

それはただ 賤しめられて 省みられず 
誰からも賛同を得る事がない

搾取され 報いられず 

望みは透けた石になってしまった

あきらめは 砦の中へと積まれてゆき

降りしきる雨は樫の梢を伝わって
地を濡らす


仮面に張り付いた笑顔が 離反する精神に替えられると

燃える怒りは色を変えながら 胸を穿つ日々を越える


言葉を無くしても 情は断ち難く 心は風に還るのみ


打ちのめされた今日を 夜の淵より連れ戻し

明日を願う人びとに命を捧げると
  
伝う雨が霧と立ち上り 街を包む

 



関連記事
スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://watersidedream.blog96.fc2.com/tb.php/513-5f9ad307
    この記事へのトラックバック



    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。