--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

春の雨

2014年02月05日 02:19

 

巡る出会いと償いの狭間で 

哀しい程に愛らしい 貴方との思い出を手折る



手放せば舞い もはや捉えられない

水仙の花は香り 紅梅が目に沁みる



川の水は滑らかに注ぎ 支流にある小さな浮島には翡翠の尾羽

揺れる芦の穂 狐火が誘う夜

艶やかな黒髪が匂い立ち 振り返る白い首のたおやかさよ



永い諍いも終わりを告げて 銀河も夜を明けようとしているから


赦された心が目覚める朝には 私の歓びが還ってきて

明るい雨の歌が聴こえるでしょう

 
関連記事
スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://watersidedream.blog96.fc2.com/tb.php/507-6167beb7
    この記事へのトラックバック



    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。