--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2010年07月08日 03:21


あら野に風が吹く



乾いた

土の匂いと




ほのかな


草の匂い






石ころだらけの土地も


水を引き


耕し




草花を植えれば




いつしか


潤いを取り戻すのだろうか




それとも





日差しに負け



やらねばならぬことを


そのままに



干からびた大地から


砂漠への道をたどるのだろうか






月に砂漠



地には星



人に愛を







ああ


懐かしくもはがゆい想い出


自己憐憫と肯定の狭間に揺れ動く


若き日々






耕すのは人の手






天にも地にも


同じだけ


灯る 光たち






やわらかな影は

そっと


灯りに寄り添い





疲れにぼやけた心を

暗闇が抱く






流れ落ちる涙も


もはや見えず





魂は


温かな記憶を駆け巡る






見えなかった

ものが


手に入る瞬間を待ちながら



今日も眠りに就く

関連記事
スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://watersidedream.blog96.fc2.com/tb.php/5-a405057b
    この記事へのトラックバック



    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。