--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

太陽の記憶

2012年06月22日 18:03

恋する少女に

降り注ぐのは太陽


どうか世界中の誰より幸せに


木漏れ日のやわらかな日曜日には

祝福の万華鏡

光受け クルクルと回るよ



やがて雨が降り

消えない哀しみが

そぞろ歩きの街角で

蘇る恋とまた逢えるなら



夢の中へまた連れていって

あのベンチで

永久のおしゃべりをしよう

僕はあなたへ

涙でにじむ指輪をプレゼント




今度こそ

バツク一つで

出ていこう

君も居ないこの町を。


儚きこの世に

さようなら。

怒った顔の愛しい顔へ

心からのキスを。



関連記事
スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://watersidedream.blog96.fc2.com/tb.php/451-74be360e
    この記事へのトラックバック



    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。