--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

星明りの下で

2011年04月14日 04:33

雪が降る 闇の中

鼻をつく 匂い

ざくざくと 歩く音と

漂う白い息が

ひたすら 高みを目指す



言葉なく 下を向き

昨日まで あった町

昨日まで あった顔


胸の中に灯して




悲しみは 風と散り

切なさで 胸裂かれ

不安に 追いやられても

私はここを動かない




頑張れと 声がして

暖かい ぬくもりと

力強い 両腕が

私を引き上げる



すると

遭った事 

無かった事

見えたのは 廃墟



思い出の欠片は 瓦礫と呼ばれる




涙出ず

言葉なく

堪える人


残された 山河



海に 魚戻り

地に 花咲き

町に 人があふれる日は いつ



戻る道はなく

進む明日は遥か

ただ ま白な記憶と 

刻まれた悲しみが


私を後押しする



5470000268_6ba14de2ed.jpg
関連記事
スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://watersidedream.blog96.fc2.com/tb.php/316-6a192a8d
    この記事へのトラックバック



    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。