--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

暁の約束

2011年02月24日 10:20

恐怖はやがて

憎しみとなって

我が身を攻め立て


嵐が過ぎ去った後には

失った悲しみが漂うばかり…




たたらを踏んで

過去にもどる事も

未来に進む事も出来ないでいる僕に

残されたのは

現実の扉



強がりはやめて

素直に

周りを見渡せば

今で見えていなかった、待っている人達がいたから


意地を張らないで


許しを

寛容を

求めて


新しい船に乗る



朝が来たら

出発しよう



暁星よ

どうか導きたまえ



祝福を受けた船が

旅立つ時まで


僕は過去を見つめ続ける

関連記事
スポンサーサイト


コメント

  1. Comets | URL | -

    Re: 水曜日のイベントが終わったら…

    例の方ですね・・

    銀巴里は、一度も行った事がないけれど

    たくさんの人の大切な思い出がつまったお店だと聞いています。


    思い入れも人それぞれあるでしょうが、

    その方が、昔にしがみ付いて生きていかねばならない状況で

    あることには同情いたします。。


    無事に帰ってきてくださいね。

  2. Comets | URL | -

    Re: 帰還しました…。


    おかえりなさい。

    ちょっと心配しながら待ってました。

    感性の合わない音楽はきっと誰だって浴びるのは辛いと思うけれど、
    プロとして、ストイックな性格も踏まえて手を抜けないのは解ります・・

    でも、遠矢さんの耳は神様が下さった耳だから
    大切にしてくださいね。

    体中のハウリングが取れるまで、ゆっくりお休みなさい。(´人`)

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://watersidedream.blog96.fc2.com/tb.php/274-15168486
この記事へのトラックバック

暁に帰る

にじり寄る火のような別れの中 その他に道がなければ 僕はすべてを受け入れようと 身構える 条件つきの愛には慣れていた だけどそれは空しさを含む 雨のように やがて二人を永遠の悲しみで満たすだ...




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。