--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

人が人として

2010年10月18日 19:14



先週 ペンシルベニア州 
アルトゥーナから電話が



とても若い声だった




その人は
”ありがとう”と言った





ゲイを公職に選ぶべきだ

そうすれば子供たちや-----



何千 何万もの

彼の様な若者が----



よりよい人生への

希望が持てる。




よりよい明日への希望・・・





どうかお願いだ


もし 私が暗殺されたら----


5人・・・10人・・・100人・・・

1000人が立ち上がってほしい




私の脳を貫く銃弾に すべての

クローゼット(ゲイが隠れる場所)を破らせよう




どうかムーブメントを
続けてほしい




それは個人の利益ではなく




誰かのエゴでも




権力でもない





それは ”私たち” のためだ




ゲイだけではなく


黒人や アジア人

高齢者や 体が不自由な人





多くの ”私たち”





希望がなければ



”私たち” は あきらめてしまう





もちろん希望だけでは
生きられない



でも 希望がなければ
人生は生きる価値などない







だから 君や----

あなたや----

あなたたちが----




希望を与えなくては



彼らに希望を




         <映画より抜粋>

ミルク [DVD]ミルク [DVD]
(2009/10/21)
ショーン・ペン

商品詳細を見る






わたしは


貧困、差別と闘わねば

生きていけない世の中にしたのは

自分たちの責任だと思っている。




ゲイだとて 

人を人として愛する事には変わりがない。




それよりも、むしろ

人を愛せない人がいるという事実が

何倍も悲しいく、恐ろしい。





全ての人に 希望を。


彼の願いは


死後もしっかりと受け継がれている。



人権差別問題や性蔑視関連の映画だが

テーマの重さは感じなかった。

見やすく分かりやすく、しかし、確実に胸に訴えてくる。


ケネディ然り、キング牧師然り、命をかけた戦い。


アメリカは自由で恐ろしい国だ。


脅威となると判断されれば、銃弾によって

一方的な制裁が下される。



男が女を

男が男を

女が女を


愛することの一体どこがいけないんだろう?

関連記事
スポンサーサイト


コメント

  1. Comets | URL | -

    Re: No title

    コメントありがとうございます^^
    うれしいです!
    お返事が遅くなって申し訳ありませんでした。
    MILK観られたんですね~
    そうですよね!
    misakoさんはきっとそうならないと思いますよ☆


    > 私も「MILK」観た事あります。いい映画ですよね。^^
    > 「女が女を 男が男を 愛することの一体どこがいけないんだろう?」
    > まったく同感です。ゲイ差別をする人は、何も知らない無知な人。
    > 私はそうはなりたくない。存在を否定されるほど悲しいことはないから。

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://watersidedream.blog96.fc2.com/tb.php/207-17aaa24f
この記事へのトラックバック



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。